園長のつぶやき
毎月の父母会で配布している園長のメッセージです

2019年4月 ①出会いの一学期

2019-04-11 18:39愛の中で育つ

Img 20190411 182956 r

◆愛の中で育つ -①出会いの一学期-

 お子さんのご入園、ご進級おめでとうございます。いよいよ2019年度の保育が始まりました。この一年もどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、4月は新しく入園した子どもたちはもちろん、進級した子どもたちにとっても新しい一年への「スタートの時」です。新しい生活や経験は私たちの気持ちを新たにし、意欲をかき立ててくれる時でもありますが、同時に戸惑いや不安を感じさせる時でもあります。入園や進級を迎え、子どもたちの心中にもきっと「期待と不安」が入り混じったような複雑な感覚があるに違いありません。特にゼロからのスタートを迎えた新入園の子ども達にとっては、見るもの聞くものすべてが初めての経験であり、戸惑うのも不安になるのも当然、自然なことであると思います。

 幼稚園ではこの学期を「出会いの一学期」と位置付け、新しい人や場、生活との出会い(出合い)が丁寧であるよう、また豊かであるよう心がけていきたいと考えています。特にこのスタートの時には、戸惑いや不安の中にある子どもたちが安心して生活できるように一日一日丁寧に関わりながら生活を積み重ね、教師との信頼関係を深められるように特に配慮し、励ましながら過ごすように努めてまいります。安心して幼稚園生活を過ごせるようになる過程には個人差がありますから、ご家庭においても担任の先生とよくコミュニケーションをとって、お子さんのペースで一つひとつを乗り越えていけるようにあせらず、急がず、気持ちに余裕をもって見守っていくように努めていただきたいと思います。また、新しい環境に順応していく時は想像以上に心や神経を使い疲労します。お子さんがお家でボーっとしたり、だらだらしたり、機嫌が悪くなったりすることもあるかもしれませんが、幼稚園での頑張りをよく理解してあげ、ご家庭では努めてリラックスできるように環境を整えたり、関わりを考えたりすることもこの時期のお子さんに必要な配慮となるでしょう。

 この時期は子どもたちにとってだけではなく父母の皆さんにとっても出会いの時、スタートの時です。お子さんと同じように戸惑い、不安を感じている方も決して少なくないと思います。毎日の送り迎えの中で、また父母会などの機会で、あいさつや言葉を交わしあいながら子どもたち同様「無理せず等身大でゆっくりと」幼稚園や周りの方々と出会ってまいりましょう。経験の長い方も、どうぞ新しい年度にあたって新しい気持ちで出会い直し、更に交流を深めたり広げたりできる一年を過ごしていってください。皆さんにとってこの一年も有意義で幸せな年となりますことをお祈りしております。



◆今月の聖句 「新しいぶどう酒は新しい革袋に」(ルカ5:37-38)

 子どもたちの礼拝では、毎月聖書から与えられた「み言葉」を皆で覚え、考えあう時を持っています。
今月は「新しいぶどう酒は新しい革袋に」というみ言葉が与えられています。

(聖句)「また、だれも新しいぶどう酒を古い皮袋に入れたりはしない。そんなことをすれば、新しいぶどう酒は皮袋を破って流れ出し、皮袋もだめになる。新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れねばならない。」(ルカ5:37-38)

 イエスさまの過ごされていた2000年前の時代は、ぶどう酒を羊や山羊の革袋に入れて発酵させていたそうです。皮は古くなると硬くなり柔軟性がなくなるので、新しいぶどう酒を入れると、発酵により生じるガスで革袋が破れてしまうことから、新しいぶどう酒を作る時は必ず柔軟性に富んだ新しい革袋に入れることが常識でした。このイエスさまのたとえ話は、アメリカのオバマ前大統領もスピーチの中で引用し、「新しい時代は古い固定概念の中では築けない。新しい時代は新しい価値観の中で作るのだ」と語りました。

 私たちは情報化社会の中で、日々溢れるほどの情報に浸かって生きています。しかし、その情報を何でもかんでも同じ袋に入れていたら、他のガラクタとゴチャゴチャに混ざり合い、何が大切であるか分からなくなってしまいます。人生を豊かにしていくために、あるいは幸せに生きるために大切な言葉や考えは、やはり新しい袋に分けて他のものとは区別していくことが必要でしょう。

 是非心の中に新しい革袋を用意し、大切なことを一つひとつしまってまいりましょう。

園長 石川 勇

Img 6281 r rImg 6293 r r

最新の記事

園長のつぶやき一覧を見る